忘年会におけるランディングページの重要性

年の終わりの一大イベント、それが忘年会です。
飲食業界では、クリスマスから、この忘年会、そして、新年会のトリプルコンボをかき入れ時とする店舗も少なくはないでしょう。
一年の締めくくりの宴会で、ボーナスの時期でもありますから、この時期には積極的な働きかけは欠かせません。
忘年会シーズンへ向けたビジネス戦略を考える場合、何を目玉にするか、どういったキャンペーンを打ち出すか等など、考えるべきことは少なくないでしょう。
しかし、そう言ったキャンペーンやイベント、特別なサービスはただ行うだけでは、顧客の心には響かないかもしれません。
関心を持って、メリットを理解してもらうためにはしっかりとしたプロモーションはオンラインでからも行っていきましょう。

忘年会の特別企画を打ち出すならば、専門のランディングページを作るのに比べ、ホームページに『忘年会企画開催中』と小さく表示するのは中々、インパクトが薄いものです。
特に、この為に特別にメニューを作ったときとか、スペシャルセットや限定サービス、そう言ったいつもと違ったことを行うならば、その内容はきちんと説明しないと、判ってもらえません。
ランディングページを作ってしまえば、内容をしっかりとプロモーションして、きちんと顧客がメリットを把握することが出来ます。
また、特別な時期ですから、こういった特別感の演出にも、一役買ってくれるでしょう。

確かに、小さくホームページにキャンペーン情報を表示するよりも、ランディングページを増やすほうが費用は掛かります。
ただ、その費用を回収して余りあるくらいの顧客動員が可能ならば、そこへの投資は有効です。
ランディングページに顧客動員が期待できる根拠は、プロモーション力の高さに加え、見込み客獲得に有利な点が挙げられます。
ホームページでは専門性の高いページを持っているほうが、検索エンジンからは重宝されます。
トップページに少しだけ記述するよりも、中身のある忘年会用のページをしっかりと構築しておくほうが、検索結果で好成績が見込めます。
忘年会の様な大きなイベントでは、まず、ユーザーはいい店やサービスを探すために検索エンジンを使いますから、ここで、忘年会用のランディングページを持っておくことで、検索結果で有利な立場に立つことが期待できるのです。

ランディングページの活用をお考えなら、LPの運用を効率よくも御覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です