ランディングページ制作にパワーポイントを利用する

WEBマーケティングで重要な役割を果たすランディングページですが、自分で制作する場合、ヘッダー画像などはパワーポイントを利用すれば手軽に作ることができます。手順としては、まず背景となる画像を決めて、そこに文字などを入れて修飾します。仕上がったらサイズを調整し、ランディングページに載せます。しかしペライチという専用の制作ツールを利用すれば、もっと簡単に制作が可能です。ペライチなら、パワーポイントの操作と同じような感じでランディングページが作れます。HTMLの知識も必要ないため、特に初心者に適しています。方法としては、複数のテンプレートから商材やサービスに合ったものを選び、そこに文章や画像を入れていくという形式です。1枚型のランディングページ作成に特化しているので、操作方法も簡単です。最後に、出来上がったページを公開すれば、終了です。

また最近は、パソコンよりスマートフォンで検索する人が急増している傾向にありますが、ペライチで作成したページは、スマートフォンやタブレットにも対応しているため、大変便利です。その他、ペライチは無料プランに有料のオプションを追加することで、機能を増やすこともできます。さらに問い合わせに対しても、スピーディーに対応してくれるので、万が一不明な点があっても安心です。 しかしランディングページは、美しく作成すれば良いということではありません。目的はそのランディングページを通して、商材の購入やサービスの申し込みをしてもらうことにあります。
きれいに作っただけのページでは、コンバージョンに結び付きません。

そのため、収益が上がる高品質なランディングページ制作は、実績のある専門業者に依頼するのが最も良い方法です。また評判の良い優秀な制作会社であれば、キャッチコピーの制作や画像作成だけでなく、事前に競合調査も行ってくれます。あまりにリーズナブルな価格で制作を受注している業者は、依頼された原稿通りに作成するだけで、成果を上げるためのページを作ろうしないことがあります。しかし、コンバージョン率の高いランディングページに必要なのは、作成前の綿密な戦略です。さらに制作後に、ランディングページの最適化まで手掛けてくれる業者を選ぶと、失敗しません。その他、制作業者を選ぶ場合は、リスティング広告までしっかり考えてくれるところがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です