収益の出るランディングページのパターン

コンバージョン率の高いランディングページには、優れたパターンがあります。まず目立つファーストビューで閲覧者の注意を引き、次に親密感のある文章で、商品のメリットを紹介します。特にファーストビューは、ランディングページの中でも大切なトップエリアです。表示された瞬間に気に入らないと感じれば、すぐに離脱してしまいます。そのため閲覧者の心をつかむことを念頭において、キャッチコピーを熟考することがです大切です。さらに誰にとって有用なページなのかが、明確にわかるように工夫します。例えば「最近抜け毛が気になる男性におすすめ」、「肌のハリやしわが気になる女性のみなさまに」などの具体的な表現を使うことで、閲覧者に親近感をもってもらいます。

またランディングページのメイン画像は、インパクトがあれば良いというわけではなく、ターゲットが求めるイメージになっていることが重要です。例えば、たるんだお腹まわりの写真を載せて閲覧者の危機感をあおるパターンもありますが、それはむしろ詳細説明のエリアに入れる方が良く、ファーストビューには将来なりたいイメージを載せて気持ちを盛り上げた方が効果的です。人の心理として、自分の欠点からは目をそらしたいという願望があるため、ランディングページの第一印象ともなるファーストビューには明るいイメージの方が適しています。

また商品購入で得られるメリットや、獲得できるイメージを強調することで、ページからの離脱数も少なくなります。さらにそのイメージを具体的に裏付ける事柄として、有効成分の紹介や製造工程の解説などを記載すると、信頼感が高まります。これは商材のジャンルやサービス内容によっても違ってきますが、専門的な情報を入れた方が、閲覧者は納得します。その他、ランディングページは、ある程度量産して収益を上げるタイプなので、制作にかかる時間は短い方が望ましいです。制作会社や依頼内容にもよりますが、依頼から納期まで最短5営業日のところや、10日前後の会社があります。ただし納期が早くても内容が伴わなければ、収益には結び付きません。従って短納期のランディングページ制作は、実績のある制作会社に頼むことが望ましいです。また制作実績の他に利用者の声なども調べ、さらに料金にも納得してから依頼することが推奨されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です