パナソニックから学ぶランディングページ制作の極意

ランディングページをつくる上で重要なこと。
それは、いかにランディングページの中で情報提供を完結しコンバージョンへと導くか、ということです。
そのためには商品の情報を詰め込むだけではいけません。
効果を最大限発揮するために以下のことに注意しましょう。

まずは想定される検索キーワードについて検討しなければなりません。
なぜなら検索キーワードとは消費者の欲求そのものだからです。
検索キーワードから想定できる消費者のニーズを逆算し、ページ内に盛り込む内容を検討します。
また、ランディングページは基本的に1枚で完結するページですので、紹介する商品も一つに絞るべきです。
基本的な考え方は、「1ページ、1キーワード、1商品」。
掲載する商品が複数になってしまうと、消費者の中で「商品比較」が始まってしまいます。
そうすると今度は「他社との比較」に進んでしまうため、ランディングページからの離脱が起きてしまいます。
離脱させずにランディングページ内で行動を完結させるためにもこの原則は重要なのです。
消費者のニーズにピッタリな情報を発信し、ページ内に囲い込むことで、コンバージョン率を高めるのです。

商品数の多い家電メーカーさんなんかはたくさんランディングページを作っていて、やはりこの法則に則って作られています。
例えばパナソニックさん。
大手家電メーカーだけあって、商品数がたくさんあり、どの商品も魅力的ですよね。
やはりどのランディングページをみても、「1ページ、1キーワード、1商品」の原則が守られています。
また、パナソニックさんの上手なところは、商品の紹介だけでなく消費者のライフスタイルに合わせた訴求をおこなっているところです。
例えば、ビジネスマンに人気のノートPC「Let’s note」では著名なビジネスマンのインタビューを通じて商品を紹介していたり、ウォシュレット付きトイレのページでは男性の立ちションについて問題提起をしていたりと、非常にバリエーションに富んでいます。

ランディングページ制作を考えている方は、ぜひ掲載する内容と、想定される検索キーワードをもう一度整理してみてください。
その上でどんな表現が有効なのかを考えていければ、パナソニックさんのように素敵なランディングページが制作できるかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です