ランディングページを作りたい人に向けた求人募集の特徴

インターネットを使ったマーケティングに興味を持ったり、販促のために作成されているウェブページの魅力に駆られたりした人はランディングページを作るのを仕事にしていくことができます。ランディングページとは商品やサービスの販促のために作られる一枚限りのウェブページであり、そのページを訪れた人の興味を掻き立てていくことによって最終的に購入にまで誘導することを目的としているものです。美麗でアピール力のあるデザインに興味がある人だけでなく、ウェブに興味のある人、マーケティングで活躍したい人、ライティングが好きな人など幅広い人にとって魅力がある業界であり、仕事として考慮してみる価値があります。新しい分野であることからランディングページ制作会社からの人材募集は比較的多く、転職の際にも候補にする魅力がある業界です。

LPを作りたいと考えたら求人募集を見てみると自分が働けるかどうかがわかります。典型的なランディングページの制作会社からの募集として、ウェブ開発やウェブ解析を行えるエンジニア、ホームページを扱った経験のあるデザイナー、コピーライティングを得意とするライターがあります。また、比較的広く事業を行っている会社の場合にはランディングページに使用する素材として写真の撮影を行うフォトグラファー、イラストを描くイラストレーター、BGMを手がけるコンポーザーなども募集されているでしょう。基本的にはITや芸術における技術力を持っている人が求められているのがランディングページの制作会社からの求人です。

しかし、ランディングページ制作は新しい分野ということもあり、社内で人材教育をしていくことを念頭に置いている募集もあります。特に新興の会社に多い募集であり、求められているのが勉強への意欲やウェブに対する興味、コミュニケーション能力といったものだけになっています。特殊な技術力は採用の時点では求めず、仕事を通じて優秀な人材から学び、必要な内容を勉強していくことによって一人前に働けるようになれば良いと考えている会社もあるのです。このような会社であればランディングページを作りたいという人は誰でも採用される可能性があります。新しいことに挑戦する意欲があるという人であれば転職先の候補とすることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です