日本の企業が運営しているカジノってあるの?

日本の企業が運営しているカジノは基本的には存在していません。なぜなら、日本では法律によってお金をかけてギャンブルをすることは禁止されているからです。刑法の賭博罪・常習賭博罪などが根拠となる法律となります。ちなみに、ゲームをしてポイントがもらえるというサイトならば存在しています。「ポイントでもお金に換金できたら賭博にあたるのでは?」という疑問をもつ人もいます。賭博にあたるかどうかというラインは、素人では判断が難しいところでしょう。きちんとした企業が運営しているサイトであればそれほど不安になる必要はないはずです。しかし、カジノはお金をかけてゲームをプレイするところですので、法律に違反してしまうことには疑いがありません。特例によって日本でもカジノが合法化されるという噂がありますが、まだ実現はしていないというのが現状です。

スピンパレスカジノは日本語にも対応しており、チャットやメールでサポートを受けられます。しかし、スピンパレスカジノは海外の企業となっているようです。スピンパレスカジノのように、海外の企業だが日本のに対応しており、チャットやメールでサポートを受けられるというオンラインカジノは存在しています。日本に支店や営業所が置かれていると国内の法律が適用されてしまいますが、支店も営業所も置かれておらず、サーバーが海外にあるならば違法とはなりません。海外のサイトで遊ぶとき、サポートが英語になってしまうので、メールで質問などをし辛いという問題があります。スピンパレスカジノはその問題をクリアしているので、おすすめのサイトの1つとなります。しかし、会社が倒産をしてしまう可能性もゼロではないため、大金を預けておくということは避けたほうが無難です。

外国のギャンブルサイトで遊ぶとき、入金や出金にはネッテラーを利用することが多かったです。ところが、2016年にネッテラーが禁止されてしまいましたので、他の決済サービスを利用する必要が出てしまいました。サイトがどの決済サービスに対応しているのかということは必ず調べておきましょう。決済サービスによっては本人確認をすませなければ利用ができないところもあります。本人確認に必要な書類についても、住民基本台帳カードや健康保険証では認められないことがあるので確認が必要です。パスポートをもっている人ならばほとんどの決済サービスで本人確認書類として使えるでしょう。登録ボーナスや初回入金ボーナスでもらったコインについては、一定の条件を満たすまでは引き出せないという点も理解をした上でゲームを開始しましょう。

【必見!】大陸別カジノができる国一覧