都内のタクシードライバーは工夫次第で大きく稼げる

近年ではタクシードライバーの求人の需要は、大きく高まっている傾向にあります。やる気さえあれば高収入を稼げることも可能であり、比較的休みも多く、希望休暇も取りやすい傾向にあるでしょう。都内でタクシードライバーとして働く場合に気になることとして、年収の問題が挙げられます。気になる都内のタクシードライバーの年収は、平均すると約400万円となっています。この400万円という年収は、決して高くもなく安くもなく、あくまでも平均値であるといえるでしょう。しかしこの収入の差が大きくなっているのが実情です。タクシードライバーの場合には、固定給のサラリーマンとは異なり、多くが歩合制となっているところがほとんどです。実は都内のタクシードライバーの5人に1人は、年収が600万円を超えているとも言われています。さらには800万円や1000万円を稼げる敏腕ドライバーがいるのも実情です。

なぜこのように年収に大きな差が出るのかというと、60歳以上のドライバーが働いていることが挙げられます。タクシードライバーの仕事は、特に年齢制限が設けられていません。そのため以前まではほかの仕事をしていて定年を迎えた人たちが、タクシードライバーとして仕事をする人も多く見られます。60歳以上のタクシードライバーとなると、年金をもらいながら働いている人も多いので、このような場合には、年金を受給する際の決まりとして、仕事で多くを稼げることになると、その分資金があるとみなされて、年金は減らされてしまうのです。何もやることがなく家にいるのが苦手であるため、それならば少しでも働きたいということでドライバーの仕事に就いている人も少なくありません。これが平均年収が高くない理由の一つに挙げられるでしょう。

反対に60歳以上の人の中でも、もっと稼ぎたいのかになかなか稼ぐことができないという人も見られます。実は稼げる人と稼げない人には、大きな違いがあります。それは稼ぐためのポイントがわかっていないということです。タクシーに乗車したいと思う人は、時間やエリアによっても様々です。ある地域は昼間の乗客者が多いけれども、夜や夜中に乗客が増える地域もあります。また短い距離を移動したい乗客が多いのか、長距離を乗る乗客が多いのかも、時間や地域により異なるのです。どの時間にどの場所にいけば、乗客を獲得できるのかがわかっているドライバーは、大きく稼げると言うことです。