コミュニケーションでわかるタクシー運転手の稼ぎ方

タクシー運転手の平均的な年収は、300万円から400万円程度であると考えられています。一般的なサラリーマンの年収が平均して400万円であることを考慮すると決して高い金額ではありません。しかし、これには理由も存在します。そもそも、タクシー運転手の年収は歩合制に依存するところが大きいです。一般的なサラリーマンは、実績に関係なく会社から一定の給料を支払ってもらえます。そのため、収入は安定していますが要所によって大きく金額が変わることはありません。一方で、タクシー運転手は歩合制であるため一時期に大きく稼ぐことができる可能性もあります。稼ぎ方が異なりますので、一律に全体的な年収が低いとは断言できません。

実際に、タクシー運転手にはそれぞれ稼ぎ方のテクニックが存在します。より多くの顧客を招いて運転をしていくことが大切なので、何よりも顧客に乗ってもらうための営業が重要になります。これは、顧客とのコミュニケーション能力と直結しています。例えば、タクシーで特定の場所に案内をした後、そのまま元の場所に戻るようなタクシー運転手は稼ぎ方として良くありません。良く稼いでいる運転手は、そのままその場所に滞在して別の顧客を探します。

同様に、競争率が高い地域はあえて避けるというテクニックもあります。仮に、顧客とコミュニケーションをとるのが苦手な運転手であるのならば、競争率の高い地域で戦ったとしても勝てる可能性は低くなります。営業をきちんと行って、印象の良いタクシーに多くの顧客を奪われてしまうからです。こういったスキルに欠けていると自覚がある場合には、あえて人の多い場所を避けて競争率の低いところを狙うのも一つの手段です。

また、稼ぎ方としてはタクシーをどのように捉えるのかというポイントも重要です。例えば、顧客がその地域に疎くて初めて来たような人であるのならば、その周辺の案内をしてあげることも大切です。現実的にも、観光にやってきた県外の人がタクシーを利用する機会は多くあります。そういった場合、タクシー側から観光スポットを教えてあげたり、その地域の穴場を教えてあげればそれだけでも印象は大きく異なります。

タクシーは、相手とコミュニケーションをとることが前提の職業です。より稼ぎたいと考える場合には、顧客の行動原理を理解して本当にしてほしいと考えられるサービスを提供することが大切です。運転スキルが高くなくても、こういった部分を研究すればより効率的に稼げます。