若者でも稼げるタクシードライバーの仕事

タクシードライバーというと、少し前までは中高年層以上が多いという印象でした。しかし、最近では若者の採用も活発化しており、採用枠もずい分増えているようです。求人を出しても人が集まらなければ若者ドライバーは増えませんが、稼げることで注目が集まっていて募集する人も増加傾向にあります。若手は通常会社に入ってもまだ一人前として仕事を任されることは少なく、仕事内容に比例するように給料も抑えられています。しかし、タクシードライバーなら働いた分だけ給料が高くなる仕組みになっているため、モチベーションが高くなって更に頑張るという好循環が生まれるのが特徴です。実力を正当に評価されると、誰でもやる気が出て質の良い仕事ができます。近年では実力化社会と言われていますが、実際にはまだまだ年功序列が残っていて、タクシードライバーのように本当の意味での実力が評価される仕組みが導入されているケースは多くはありません。

実力が評価されて若者でも稼げるのは、歩合制が導入されているためです。基本給にプラスされる形で歩合が入り、この割合はタクシー会社ごとに違います。ほとんどのタクシー会社が取り入れている歩合制では、たくさん働いた人が高収入を得られるようになっています。つまり、年齢は関係なく稼ぎたいという意識の強い人が多くの給料を得られる仕組みです。基本給と歩合給の比率については注意が必要であり、ほとんどが歩合給になっているケースもあるようです。若者が稼ぐとなると歩合給の割合が高い方が良いと思われがちですが、状況によって稼げない月もあることを考えると、極端なバランスは避けた方が良いかもしれません。安定した収入を得るためには、基本給が一定ライン以上であることと歩合の率が60%に近いことが理想です。

若者でも稼げるタクシードライバーになるためには、最終的には本人の努力も必要です。効率良く稼ぐための知識を習得したり、毎日たくさん走って稼げるエリアを調べたりと、日々の努力が求められます。努力を続ければ、早い段階で満足できるような給料を実現できますので、頑張っても評価されないという悩みはありません。自由な働き方ができるのも魅力であり、一般的な会社のような社内での人間関係の煩わしさがないのも、現代の若者に受け入れられている理由です。日勤・夜勤・隔日勤等も自由に選べるスタイルになっていて、若者には隔日勤の人気が高いというデータもあります。