タクシードライバーとして働くなら効率よく稼げる方法を知っておこう

タクシードライバーは、お客さんを車に乗せなければ稼ぐことはできません。つまりどれぐらい稼げるのかは、タクシードライバーの腕にかかっているということです。これからタクシードライバーとして働くのであるが、効率よく稼げる方法を把握しておく必要があります。そもそも効率が良いとはどのようなことを言うのかというのでしょうか。効率よく仕事をするということは、多くの仕事量をこなして給料もよいということです。タクシー業界において効率が良いとは、乗客をおろしてから次の乗客を乗せるまでの時間を短くすることです。当然のことながら乗客がいなければ稼ぎにつながることはないので、乗客のいない時間が短ければ短いほど効率が良いという事なります。効率よく稼げる方法としては、乗客を降ろしてから次の乗客を乗せるまでの間を、15分ほどに抑えることです。初心者の場合にはこの時間が1時間以上となるケースがほとんどなので、かなり効率の良いことがわかるでしょう。もちろん客の単価も大切ではありますが、初心者の場合には、どれだけ乗客を集められるかを念頭に置くようにしましょう。

乗客をすぐに見つけることができる人とできない人の違いとしては、自分が仕事ができる場所の多さといえるでしょう。なかなかお客さんを見つけられないドライバーの特徴として、常に同じ場所で待ち、乗せた後も同じ場所に戻る傾向にあります。これでは乗客を降ろした後に同じ場所に戻るまでの時間と、次のお客さんが乗る時間までの間がかなりあいてしまいます。効率よく稼げるタクシードライバーの場合には、お客さんを降ろした後に次に待つ場所が、その場所から一番近いところです。これにより移動の時間もかなり短縮されることなり、乗客がいない時間が短くなります。どれだけ自分の待機する場所を知っているかということが、乗客の数にもつながるということです。

最初からたくさんのお客さんを乗せられるドライバーはいないので、まずは走り込んでお客さんを獲得するコツをつかんでいきましょう。稼げるドライバーは様々な道を走り、道を熟知している傾向にあります。これにより目的地に最短の時間で着くことができ、どの時間帯にどの道が渋滞しているのかなどを把握することができるため、無駄な時間を省くことにもつながります。このように走り込みをすることで、お客さんが利用しやすい道や時間帯なども少しずつつかめるようになっていくのです。自分の仕事場所を増やすことが、効率よく稼げることにつながります。