タクシードライバーは実際に稼げるのか

タクシードライバーの求人についてネットで調べていると、年収1000万円などの高収入を得ている人の話を目にすることがあります。一般の会社員で年収1000万円を得るのはかなり難しいため、もしそれが可能なら夢のような仕事だと言えますし、実際のところどうなっているのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

まず、タクシードライバーの実際の給与はどうなっているのかというと、平成28に実施された業界の調査によれば年収332万円が平均だとされています。同年の国の調査によれば、日本全体の民間の平均年収は422万円となっているので、タクシードライバーの平均年収はそれより100万円程度低いことになるでしょう。そのため、全体的に見れば、この業種の給与水準はあまり高くないということになります。ただしこれはあくまでも平均であって、個別の収入や実際に稼げるかどうかはまた別問題です。なぜかというと、タクシードライバーの給与形態は歩合制のところが多いため、それぞれの働き方によって収入が大きく変わるからです。

タクシードライバーの給与形態に多い「歩合制」とは、仕事の成果によって給与額が変動するという仕組みであり、分かりやすく言えば、頑張った分だけ稼げるというものだと言えます。ですので、バリバリ働く人の中には年収1000万円といった高収入の人が実際にいるのも事実なのです。もちろん高収入を得るためには、ただ一生懸命働くだけでなくさまざまな工夫も必要になってきますが、稼ごうと思えば稼げるというのは嘘ではありません。ただし歩合制の場合は、仕事があまり出来なければ給与額もそれに応じて低くなってしまうので、誰でも高収入を得られるわけではないということにも注意すべきでしょう。思うように客を獲得できなければ、それがそのまま給与に反映されてしまうのです。そのためタクシードライバーの収入は、実際には平均より低い人もいれば、かなりの高収入を稼げる人もいるといったようにバラつきがあるのが特徴だと言えるでしょう。

歩合制は、それぞれの働き方によって給与額が変動するものですが、タクシー会社の中には、完全な歩合制だけでなく、固定給と歩合制をプラスした形態のところも多くあります。そのため一定の固定給が保証されている場合であれば、あまり成果が上がらないときでも、最低限の給与を得ることは可能だと言えます。ですので、初心者や歩合制に不安がある場合は、一定の固定給がある会社を選ぶとよいでしょう。