一番稼げるタクシー会社の特徴を理解しよう

タクシードライバーへ転職する動機は人それぞれですが、収入を理由に転職を決めるケースも数多く目立ちます。ただし一口にタクシードライバーといっても会社や勤務形態によっては、必ずしも理想通りに稼げるわけではありません。この点、タクシー業界では正社員ドライバーに対して、歩合制の給与システムを採用しているケースが一般的です。この給与システムであれば、努力や能力あるいは熱意しだいで、一番稼げるドライバーへと成長できます。その一方で、営業努力がなかなか売上につながらない場合には、収入面で不安定になるデメリットも、よく知っておく必要があります。特に仕事に慣れないドライバー初心者であれば、当初は売上につなげるのに苦労するのが現実です。そこでタクシードライバーへの転職を検討する際には、一番稼ぎやすい会社の特徴をあらかじめ理解した上で、求人を探すことが大切になります。

先述したように、タクシードライバーの給与は歩合制がほとんどです。そのため、いかにして効率よく営業して売上につなげるかが、収入を伸ばす分かれ目になります。そこで重要になるのが、タクシー会社の営業への取り組みです。売上はドライバー個人の能力や資質に左右されますが、同時に会社の営業環境の充実度も、一番稼ぐための重要な要素になるからです。例えば、大都市の主要スポットに専用乗り場を幾つも抱えている会社であれば、流し営業で無駄な時間を浪費することなく、効率的にお客さんを拾うことができます。これは無線配車数の多さや専用アプリの導入実績でも、同じことが言えます。お客さんから一番近いドライバーが受信すると、そのまま乗車地点に直行できるため、時間や距離を無駄にせずに売上につながります。

もう1つ注目したい営業への取り組みが、タクシーチケットです。これはタクシー会社が企業や官公庁といった法人と、チケット契約をあらかじめ結ぶことで、法人のお客さんが繰り返し使用できる小切手のようなものです。タクシーチケットのお客さんは長距離利用になりやすく、客単価も高くなる傾向があります。このためチケット利用のお客さんを常連にすれば、少ない労力で大きな売上を生む、稼げるドライバーに成長できます。一番稼げるタクシー会社を見極めるには、このようなタクシーチケットの法人契約数をチェックすることも、大切なポイントになります。法人契約数が多いほど、稼げるチャンスも断然広がるからです。