ヘルパー資格を持つ介護タクシー乗務員は稼げるものです

ヘルパー資格を持つタクシー乗務員は稼げるものです。その主な理由としては、この介護に関する資格を持っているという点で、他の乗務員にはないアドバンテージになっているからです。また、介護における知識を持っていて要介護認定者などの対応が出来るという点で、雇用する側からすると貴重な存在になっているからです。タクシー業界では、まだまだこの介護に関わる人材が不足していますから、専門の資格を持つという点で他者よりも優位に立ちやすくなります。

介護タクシーを行う事業所は法的には訪問介護事業所になりますが、必ず配置しなければならない有資格者があり、人材確保は避けては通れません。必要不可欠な存在な訳ですから、有資格者を優遇する傾向にあります。したがって、人材を集めたい事業所からは、より賃金などの面で優位な条件を提示されやすいわけです。一般的なタクシードライバーよりも稼げることになります。

単に介護職員初任者研修でもいいですが、さらに上位の介護職員実務者研修資格を持っていると、管理をする側として重宝されやすくなります。ヘルパーの事業所ではサービス提供責任者を配置しなければいけませんが、実務者研修資格のようにより上位のものでなければ就くことが出来ません。初任者研修は最低限必要でありさらに実務者研修は事業所にとって必要不可欠なため、より好待遇で迎えられやすいわけです。この結果、有資格者は稼げることにつながります。

タクシーの乗務員としてだけではなく、介護職のプロとしての識見も問われます。ケアマネジャーが開催するサービス担当者会議いわゆるケアカンファレンスへの出席も、実務者研修保持者以上でなければ出来ません、初任者研修では出席や発言が出来ないため、必ず取得者が必要となるわけです。事業所に存在しなければいけませんから、好待遇特に賃金面において優遇されやすくなります。すなわち稼げることにつながるわけです。

他の乗務員と一線を引きたいと思うのであれば、こうした資格を取得した上でアピールを行うと有益になります。乗務員としての有益性もさることながら、それ以上に高齢者やその家族にとって安心して利用が出来るタクシー会社になるわけです。こうした点を理解した上で、あらかじめ取得した上で就労を目指す意味もありますし、あるいは働きながら取得を目指すことも非常に有益です。他人よりも稼げるようにと思うのであれば、こうした点にも注意を払うことでより稼げることへとつながります。